債務整理とその流れについての説明

  • 債務整理の流れとは

    • 債務整理をすると決めたら、まず最初に行うのは弁護士や司法書士といった代理人を探すことです。

      これらの法律家を通して、貸金業者と交渉を進めたり、裁判所への申し立てなどをする事になります。

      この際、大事なのはその弁護士や司法書士が債務整理に長けているという事です。


      不慣れな人であると、債務者に不利な交渉をしたり、時間がかかる事があるので注意が必要です。


      代理人が決まると、具体的に債務整理が開始されるという流れになります。



      ここでまず最初に実施されるのが、借金の収支の内訳の開示を求めることです。



      もし複数の金融業者から借りているという場合、すべての業者に問い合わせることになります。



      そこで、借り入れと返済を細かく確認し、利息の払い過ぎなどがないかをみます。


      この際に、もし払い過ぎた利息があれば、「過払い金返還請求」をすることになります。



      人によってはこれにより、すでに借金が完済されていると発覚するケースもあります。

      その後、債権者と利息を免除してもらったり、返済額を減額するなどの交渉をし無理のない返済計画を練るのを「任意整理」といいます。



      任意整理でも払いきれない場合は、借金そのものの額を引き下げてもらう「個人再生」を考えます。
      それでも、到底支払いきれないと判断されると、破産宣告をして借金を免除してもらう「自己破産」という流れになります。
      債務整理の流れは大体このようになります。
      借金返済に困っているなら、一度専門家に相談する事をお勧めします。



  • 関連リンク

    • 債務整理をすると決めたら、まず最初に行うのは弁護士や司法書士といった代理人を探すことです。これらの法律家を通して、貸金業者と交渉を進めたり、裁判所への申し立てなどをする事になります。...

    • 交通事故を起こした時に、特に被害者と加害者の間で損害賠償の話し合いとして示談金や、適正な事故の慰謝料を支払う事となるのかを判断する意味でも弁護士の役割はとても重要な状況となっていきます。こうして第三者的な立場で事故の話を聞きながら、適切な対応をとってもらう事では、特に交通事故の際の弁護士の役割としては話をスムーズにまとめる上でとても重要な状況であり、その事を考えると色々と有利な状況で交通事故の際の話し合いを行ってもらう事となります。...